信濃川田駅・追記

先週写真展を開催しました、長野電鉄屋代線の信濃川田駅の話題をもう少しだけ…

20101113a.jpg

↑もと営団地下鉄日比谷線の電車が2両編成でのんびり行き来する屋代線。
信濃川田駅は開業時の駅舎が現在も使用されています。

さて、、写真展を見に来て下さった、ご近所のお年寄りの方が多く話して下さったのが、
昭和20年8月13日の長野空襲のことです。信濃川田駅もこの空襲で被災しました。

グラマン戦闘機が千曲・犀川対岸の旧長野飛行場の方角(北西)からやってきて、
信濃川田駅を銃撃していったということです。

動いているものは格好の目標とされたため、電車は駅に避難していたそうです。
避難する電車を見つけたのか、米軍機は駅を狙って撃ってきたということ…。
銃弾は駅舎の屋根を貫通し、駅にいた乗客のうち、負傷数名、3名の方が亡くなられたそうです。

20101113b.jpg

↑駅舎天井に開いたこの穴は、どうやら、弾丸が貫通した痕跡のようなのです。
天井を斜めに貫通、竿縁も破損しています。
銃弾が走ったと思われる方向が、グラマン機の飛んだ方向に関する証言とも一致していました。
もし、これが本当だとすれば、大変に興味深い痕跡です。

同じように、天井に銃弾の跡があった鹿児島本線の大野下駅は今春に建て替えられ、
天井の板のみが新駅舎内に展示されているということです。
(大野下駅舎は拙著「木造駅舎の旅」にも掲載していますP130-131)

信濃川田駅のある若穂地区では、
今年8月14日に『川田空襲を語り継ぐ集い』を駅前広場で開催するなど、
イベントも行われたようです。

開業時から現存する駅舎だからこそ、そのような語りの場、歴史継承の場に相応しいのではないでしょうか。

これとは別に、須坂寄りホームの端っこにこんなもの↓を見つけました。

20101113c.jpg

“枯池”っていうんでしょうか?
昔、勤務する駅員さん達が池で金魚でも飼っていたのでしょう。
こんなミニ庭園跡も、各地の無人化された駅に残っています。
「当時は駅員さんも6人ほど居ました」と、これもご近所の方の話。

様々な部分に、刻まれた歴史をそのまま残す信濃川田駅は、
存在そのものが貴重で、魅力ある駅と今回改めて認識しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おばんです。
そういえばこの話、どっかで見た事がありましたが、こうもリアルに残っているっていうのが凄いですね。そういった地元の方のお話が聞けるっていうのも凄いです。
先日只見線撮影に行った時、会津宮下で呑んだときに地元の方と話す機会があって、蒸気機関車の頃の宮下の話や、昔の国道252号の話を聞いて感激しました。そういった地元密着の鉄って素晴らしいですね!
また信濃川田へ行ってみたくなりました!

No title

酒呑童子さん

地元の方々のお話を聞けたのは、本当に嬉しい収穫でした。
昔の話はどこかで聞き、残しておかないと、消え去ってしまうものですから…
只見線も、豪雪v-276の話など、興味深いですね。
地元密着鉄でゆきましょう!
ぜひ、またv-307飲みましょう~

FC2カウンター

QRコード

QR
プロフィール

komekome231

Author:komekome231
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ひとりごと
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる