鉄道・歴史建造物 #05~函館本線・小沢駅跨線橋

鉄道・歴史建造物シリーズ第五回目です。
今回は函館本線小沢駅の跨線橋です。

#05_kozawa

函館本線小沢駅は今でこそ無人駅なのですが、
かつては、日本海岸の岩内を結ぶ国鉄「岩内線」が分岐していました。
急行列車も停車していた駅で、乗り換えの旅客や貨物で大いに賑わったことが想像できます。
(岩内線は昭和60年7月1日に廃止)

この跨線橋が、いつ建てられたのか定かでありません。
階段部分と橋の部分に段差があるのが特徴的です。
橋部分はプレートガーダー上に、重厚な木造の通路がのったもので、
柱や梁なども木材で組まれているようです(写真下)。

この写真を撮影したのは2002年7月17日で、外板も木造のままでした。
最近の写真を見ると、サイディングボードというのでしょうか、、、
白い外壁で補修さており、現在は外観の印象が少し違って見えます。

#05_kozawa_02

↑木材で組まれた梁や柱が重厚な、橋部分の内部。
階段を上って行くと、橋の部分へもう一度階段を上る構造です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

QRコード

QR
プロフィール

komekome231

Author:komekome231
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ひとりごと
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる