インドネシアの余部橋梁!? INDONESIA #02

この橋梁の撮影をすることが、今回のインドネシア訪問の目的の一つでした。
橋梁の名前はチクバン(Cikubang)橋、インドネシア最大級の鉄道橋といいます。

20100916.jpg

場所は首都「ジャカルタ」からジャワ西部の大都市「バンドン」へ向かう途中の山岳地帯にあります。

Google Earth、Mapなどで下の緯度経度を入力してみて下さい。

6°46'49.89 S,107°26'32.82 E

ネット上から拾った情報によれば、
橋長はおよそ300m、川面からの高さは80mにもおよぶといいます。
1906年に使用開始されたようです。

この橋を初めて写真で見て以来、
「インドネシアの余部橋梁」と勝手に呼んでおりました…
しかし、橋梁の構造は橋脚がトレッスルなのを除けば大きく異なっています。

旧余部橋梁の上部構造が「上路プレートガーダー」なのに対して、こちらは「上路トラス」タイプ。
橋脚スパンに弧を描くトラスは、ディーゼル機関車導入に際して、
1953年に補強の目的で追加されたのだといいます。

橋梁自体には銘板など見つけることができませんでしたが、

20100916b.jpg

鋼材の一部にドイツの鉄鋼メーカー「Hoesch」の文字を見つけました。
ただし、これがオリジナルのものか、補強の時に追加されたものかは不明です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

QRコード

QR
プロフィール

komekome231

Author:komekome231
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ひとりごと
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる