新書を書いていました…

構想・企画自体は数年前からあり、春先から準備を進めていました。

本腰を入れて執筆に取りかかったのは、秋も深まる頃でした。

それから、執筆との長〜い闘いの日々…
220ページと少し、文字量にして100,000文字超、、
新書の原稿をようやく入稿して、
ただいま校正をおこなっているところです。

その間、まったくブログ更新も怠ってしまいました、スミマセン

2014_12_12_02.jpg

その内容をちょっとだけ…

僕の母方の家族は、国鉄で働いた人が多いのです。
そもそも、母親はキオスクの販売員、母の父親、つまり祖父は駅長を勤め、
叔父は鉄道公安官、電気工事区の事務関係などで勤務しました。
「国鉄家族」とでもいいましょうか、そんな家系です。

「国鉄に勤務した身内の人々から話を聞いて、一冊にまとめてはどうか?」
「ついでにオマエ(私です)は鉄道カメラマンなのだから、オマエの事も書くのはどうか…」
というアドバイスを受けて、国鉄で働いた人々の回想録+後半は自叙伝的な内容になっています。

このまま順調に進めば、来年の2月、
交通新聞社から発刊されている、交通新聞新書の1冊に加わる予定です。

しかしながら、、
ラインアップを眺めてみれば、かなり異色な一冊になりそうです…
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

僕の母方も…

母の長兄は宇部線の駅で長年駅員を務め、母の父(祖父)は機関士。
そして母の息子(つまり僕)は、鉄道ライター(笑)
鉄道カメラマンのA.K氏もY.S氏も鉄道一家出身だし、意外に血筋って大きいかも。
発刊されたら、購入します!

Re: 僕の母方も…

土屋さん、
コメントありがとうございます。
土屋さんのご家族も国鉄の方がいらしたのですね。
そしてご自身はライターへと… A.Kさん、Y.Sさんも…あんがい多いのですね(^^)
今回、話を聞いてみて、祖父などは、他界してから20年も経っており、
もっと早く聞いておけば良かったと、後悔しました。

そして、今年もよろしくお願いいたします〜!

> 母の長兄は宇部線の駅で長年駅員を務め、母の父(祖父)は機関士。
> そして母の息子(つまり僕)は、鉄道ライター(笑)
> 鉄道カメラマンのA.K氏もY.S氏も鉄道一家出身だし、意外に血筋って大きいかも。
> 発刊されたら、購入します!

FC2カウンター

QRコード

QR
プロフィール

komekome231

Author:komekome231
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ひとりごと
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる