原色重連との出会い

今週の水曜日は、先月の石北に引き続き、
DD51関連本の撮影で四日市へ撮影に行ってきました。
表紙用に適当な写真がなかったので、表紙カットの撮影です。

国鉄型車両ラストガイド」というタイトルのシリーズですから、
国鉄時代からの塗装いわゆる「原色」のカットを使いたい。
先月の常紋の写真でも良かったのですが、あちらは更新後に塗られた塗装でした…。
そこで、四日市へ出向いたのですが、原色がどの運用に入るのか、
ほとんどわからないまま、、
運が良ければ何れかの列車に原色が入るかも知れない、
もしそれが、重連運用なら言うことない、、というほとんど希望的観測。
ダメ元な気持ちで、2〜3日滞在も覚悟で臨みました。

とりあえず四日市駅のレンタサイクルを借りて、朝は塩浜や末広橋梁などで撮影。
このレンタサイクル、天気さえ良ければ、なかなか快調でした。
というのも、四日市界隈での撮影はクルマ利用だと駐車スペースに苦労するもので、
自転車+電車+徒歩が使い勝手よいのです。
しかし、やって来るDD51は、朝の重連も含めすべて更新タイプ。

その後、近鉄電車で佐古来へ移動し、
永和〜弥富にある白鳥信号場付近でカメラをセット。
良い光線状態で撮影できる唯一の下り重連運用の貨物列車を待ちます…。

待つこと約1時間、陽炎のなか、オレンジの車体が遠くに姿を現しました。
更新タイプだろう、、と思いきや先頭が原色ではないですか〜!
この偶然に驚いていると、ナント2両目のDDも原色!!

青空の下、2両の原色DD51に牽引さえたタンク車が通り過ぎるなか、
余りにも信じられないような偶然に震えてしまいました……。

その時の写真は表紙に使用される予定ですので、ブログ掲載をひかえますが、
再び近鉄電車で、塩浜(海山道)へ追いかけた写真を下にアップします。
原色重連は四日市でタンク車を切り離して重連単機で塩浜へ向かいました。

20121121a.jpg

20121121c.jpg

↑そして燃料を満載したタキ編成を牽引し、
四日市から名古屋方面へ向かい重々しく走ってゆきました。
(こちらもサブカットです、、すみません…)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

QRコード

QR
プロフィール

komekome231

Author:komekome231
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ひとりごと
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる