イギリス鉄道撮影の記(8日目)6月21日

6月20日ヨークから南下、バーミンガムを経て、宿泊したのがグロスター(Gloucester)という町。
本当はブリストル(Bristol)で泊まりたかったのですが、手頃な宿が見つからず断念。
ネットで安宿を探していたら、ブリストルから少し手前のグロスターに宿を見つけました。
駅前のホテルは34£(約¥4,250)という安さでした…。

20120621_00.jpg

↑その名も「Station Hotel」部屋には蒸気機関車の写真が額装されて飾られていました。

20120621_01.jpg

↑22日朝のフライトで帰国予定でしたので、実質的には滞在最終日となったこの日、
Bathという町を走る、この風景を撮影したくてやってきました。

○Gloucester7:40→(First Great Westem)→8:58Bath Spa

ですが、もうひとつ、、、
Bathの近くを蒸気機関車の特別列車が走ることをネットで知ると、それも撮りたくなりました。
機関車はClassA4という流線型の機関車です。ヨークの国立鉄道博物館でも、
「マラード」という同形の機関車を見ましたが、ぜひ走っている姿も見てみたいと思ったのです。

GoogleEarthなどを参考に、撮影する駅を決めます。
Barthから1時間ほどで到達可能なCastleCrayという駅の前後はカーブしており、
ホーム端から撮影ができそうと判断しました。

○Bath Spa10:07→(First Great Westem)→11:03CastleCray

20120621_10.jpg

↑CastleCrayは予想通りの良い雰囲気。
馬で旅する若者が立ち寄って、道を聞いている様子でした。

蒸気機関車牽引の列車通過まで1時間程度待ちます。
天候が急変して空から雨粒が落ちてきました。
やがて定期列車遅延の影響を受けて、駅場外で一旦停車していた特別列車が、
悠々と煙を上げてやって来ました。

20120621_26.jpg

↑このスタイル、カラーリング。本当に動いている姿に感激です!
ホーム端、点字ブロックの内側での撮影ですが、雨でびしょ濡れになりました。
そんな必死の姿が滑稽だったのか、、、?
身なりの良いご婦人に、客車の窓からカメラを向けられてしまいました。
“ピースサイン”で返したのはいうまでもありません(笑)

20120621_25.jpg

↑本来はタップリ目の停車時間が予定されていましたが、
遅延の為に慌ただしく発車。老紳士が見守る姿が印象的でした。


その後、再びBathへ戻った後、レディング(Leading)で宿泊しました。

○CastleCray12:45→(First Great Westem)→13:04Westbury13:10→
→(First Great Westem)→13:34Bath Spa17:43→(First Great Westem)→18:46Reading

20120621_30.jpg

↑Bathで朝の場所よりも眺めの良い丘の上から再撮影にトライしたのですが、
残念な空模様で、もうお手上げです…。
駅へ戻る道すがら、かなり激しい雨に打たれました、、

つづく…
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一見するとC55のスタイルが頭に浮かびました。
流線型の蒸機が今でも見られる環境って、なんだか羨ましいです。

FC2カウンター

QRコード

QR
プロフィール

komekome231

Author:komekome231
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ひとりごと
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる