ポルトガル一人旅(15)

9月7日です。

リスボンからポルトへ来る途中、列車の車窓左手に海が見えました。
大西洋です。

国土の約半分が海に面しているポルトガルですが、
リスボン~ポルトの区間で海が見えたのは、
ポルトの南、ESPINHOという駅付近のわずかな区間のみでした。

リスボン~ポルトはこの国最大の主要幹線で、
最高速度220km/hの振り子式特急「Alfa Pendular」も運行されています。

機会があれば、ポルトガルを代表する、この高速列車を撮影したいと思っていました。
そこで、この日は大西洋を望むロケーションで、Alfa Pendularを撮影することにしました。

↓ジウジアーロ設計のAlfa Pendular ヨーロッパのなかでは目立った存在ではありませんが、
 堅実堅牢な感じが好ましい車両と思います。

20111016c.jpg


宿泊先のポルト・カンパーニャからAveiro行きの近郊電車に乗り込みます。
揺られること約20分、ESPINHOに到着。駅から歩いて撮影場所を探します。

20111016a.jpg

撮影に適当なSカーブを見つけて、まずは列車の編成写真を撮影です。
写真↑はポルトから各方面へ運行されている近郊電車。連接車体の電車です。
(編成が短く、Sカーブにかかっていませんが…)

20111016b.jpg

↑スペインの輸送会社「COMSA EMTE」のディーゼル機関車が原木を満載した貨車を牽いて来ました。
カメラに気がついた運転士が汽笛を鳴らし、窓から手を振ってくれるという嬉しいハプニング。
こちらも大きく手を振り返しました~。胸熱な出来事でした。

線路の両側にはフェンスが張り巡らされていて、カメラポジションにやや苦労しました。
その後は線路から離れて、道路から狙ってみます。

20111016e.jpg

↑海バックが良好な光線状態で撮影できるのは午前中のみ。
海辺を走る様々な列車を撮影して、お昼前に切り上げました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヨーロッパにも気さくな運転士がいるんですね。
それも普通の貨物列車でとは感激ですね。
日本ではイベント列車でないとなかなか手は振ってくれないように感じます。

FC2カウンター

QRコード

QR
プロフィール

komekome231

Author:komekome231
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ひとりごと
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる