ポルトガル一人旅(6)

8月31日
昨晩は遅くまで撮影したせいで、晩飯を食べずじまいでした。
おかげで、ほとんど空腹で目が覚めたような……
そのうえ窓を開ければ、空は雲に覆われてどんよりとしています。

今日はリスボンのトラムを集中的に撮影しようと思っていたのですが、
朝から出鼻をくじかれた感じです。

ゆっくりとシャワーを浴びて、サービスの朝食をゆっくりと食べて、、、
何だか空模様を写したように、自分の行動も緩慢で張り合いがありません。

しかし、部屋でゴロゴロしていてもしょうがないので、
フロントでもう1泊することを告げて宿を出ると、
昨日も行った「アルファマ地区」へ向かいました。

28番から分岐する12番という路線が、なかなか雰囲気の良い場所を走っていることを、
昨日の帰り道に知って、、足は12番の路線の方へ…

20110930e.jpg

↑より狭い路地をすり抜ける12番のロケーションは、確かに素晴らしい。
ですが、このライン、意外に本数が少なく待ち時間が長いのが難です。

20110930a.jpg

↑12番から28番へ移動した頃、ついに雨が降り出してきました。冷たい雨です。

雨の景色も確かに魅力的なのですが、気分的にものらずに、ちょっと一休み。
時計を見ればウロウロしているうちにお昼を過ぎて、お腹が減ってきました。
坂を下りて、何か食べることにしました。

昨夜夕食を抜いたせいもありますが、リスボンに来てからパンしか食べておらず、
空腹感に苛まれていました。
一人旅では、なかなかレストランに入りづらいのですが、
この辺でキチンと食事をしておこうかなと…。

ロシオの付近のオープンエアのレストランでメニューを見ていたら、店員さんに手招きされて、、
以前ポルトガルへ行った事のある友人のSさんが、「焼き魚にワインをぜひ」と言っていたので、
イワシの塩焼き「サルディーニャ・アサーダ」を注文。
昼なのに、もう赤ワインも飲んでしまいます~

20110930b.jpg

出てきたイワシは4尾!付け合わせがジャガイモなのがポルトガル流です。
イワシは日本で食べるイワシと同じ味でした(当たり前か…)

サラダはもちろん、パン、オリーブの実、チーズなど、
出されたものを躊躇もなく食べていたら、それぞれに値が付いていたようです。
会計したら16.85€と、お昼から豪華な食事となってしまいました。
(それぞれ、手をつけなければ会計されません)

食事が済んで満腹になり、ワインの酔いも手伝って、
相変わらずの曇り空の下ではもう頑張る気にはなれません。

良いアイディアも浮かばないまま、
ロシオから海岸沿いへ西へ進む15番のトラムに乗ってみることにしました。

20110930c.jpg

↑15番では低床式車両が使われて近代的です。
車内から車窓風景を眺め、乗客の人間ウォッチなどしながら終点まで往復。
沿線には観光ツアーならば必ず立ち寄るような有名なスポットが沢山あるようですが、
途中下車するのも億劫になり、ひたすら乗るだけです。

何だかぼんやりとした1日を過ごしてしまいましたが、
早めに切り上げて、昨日と同じ部屋に入ります。

テレビをつけて、ポルトガル語の天気予報を見ても何を言っているか理解不能、、
あまり芳しくないようなので、リスボンから移動する、よいタイミングだと思いました。

「明日は南へ下ろう」と思いつつ、早めに就寝したのでした。
寝ていると、グロリア線のケーブルカーがゴロゴロと通過する音が聞こえてきました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

国によって、レストランのサービスも違うんですね。
勉強になります。
どこかゆったりした感じがあった、いいですねぇ。

FC2カウンター

QRコード

QR
プロフィール

komekome231

Author:komekome231
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ひとりごと
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる