写音集「碓氷峠ロクサン惜別の旋律」電子書籍で復刻

発売されたのは、今から14年前のこと。

1997年の初夏と記憶していますので、
丁度今ごろではないでしょうか…。

翌年に長野オリンピックを控え、
この年の10月1日に北陸新幹線の一部区間、高崎~長野(現在の「長野新幹線」)が開業しました。
新幹線開業と同時に、並行在来線である信越本線の横川~軽井沢は廃止、
軽井沢~篠ノ井は第三セクターへ移管することが決定していました。

特に廃止区間の横川~軽井沢は、碓氷峠を越える急勾配区間で、
信越本線開業の明治期よりアプト式などの特殊な運転を余儀なくされる難所となっていました。

昭和38年にアプト式が廃止された後、碓氷峠越え専用の電気機関車が開発・投入され、
首都圏と信州、或いは北陸地方を結ぶ長距離列車や貨物列車をサポートしていました。

機関車の形式をEF63形といい「ロクサン」の呼び名で親しまれました。

峠を上る時には最後尾から力一杯に列車を押し上げ、
下る場合には列車の先頭で踏ん張りながら、列車の全重量を支える姿は感動的でもありました。

20110706.jpg


山あいを走るサウンドもまた特徴的で、発電ブレーキにより発熱した抵抗器を冷却するための、
送風機「ブロアー」の低く唸るサウンドは、今も忘れられません。


廃止が決まった碓氷峠の「ロクサン」を、カタチに残したいと思い、
写真とサウンドをパッケージした「写音集」(この時作った「造語」)
というスタイルの本にまとめられました。

20110706b.jpg


その写音集「碓氷峠ロクサン惜別の旋律」が電子書籍で復刻。
本日より発売されています。

iPhoneとiPad用でApp Storeで無料配信されるアプリ「Book Gate」を通してご購入いただけます。
価格は1,000円です。本の方はすでに絶版となっていますので、
この機会にぜひぜひご覧いただきたく思います。
(といってもiPhoneかiPadが無いと見られないのですが…)

なお、原本をスキャンしていますので、見開き写真などは一部見えづらい箇所もあるかと思いますが、
どうかご了承ください(アップデートで対応できるか、検討中です)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

iPhoneもiPadもないです・・・・

碓氷峠がなくなった当時、まだ幼稚園に入ったか入らないかという年齢でした。
一度、廃線探検してみたい場所です。

No title

おばんです~
この写音集、買いましたよ。
ただ写真集の方が整理が悪いのか行方不明なんですが、CDは今でも持っていてときどき遠征の途中の車で聞いたりしてました。i-podにも入れてあります。
あの臨場感あふれる「音」の世界に自分もやってみたいと思ったものです。

この著者が米屋さんと知ったのはごく最近でした。お恥ずかしいかぎりで・・・。

No title

鉄道亭写太郎さん
酒呑童子さん

コメントありがとうございます。

あれから14年も経つということで、、
自分でも懐かしく聞いています…。

FC2カウンター

QRコード

QR
プロフィール

komekome231

Author:komekome231
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ひとりごと
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる