東北新幹線「はやぶさ」のサイドビューを撮る!

本日、小学館「人気列車で行こう」11号「はやぶさ」発売されました。
東北新幹線「はやぶさ」は5日から運行開始ですが、雑誌の方は一足早く発売です。

この号では列車写真の撮影を担当させていただきました。
昨年の12月ぐらいから、東北新幹線を行ったり来たり、、、撮影に勤しんでおりました。

この雑誌では、シリーズを通して観音開きがありまして、
その上段には必ず車両のサイドビューの写真が掲載されます。

「サイドビュー」っていいましても、それは新幹線。
特に高架区間が多く、防音壁が高い東北新幹線で、
完全なサイドからのカットは不可能に近いと思われました。

いやいや、最初から諦めてはイケマセン…
高架区間は無理として、丘陵地帯を切り通しで敷設されている場所、
トンネルの前後など、その辺りが狙い目かなぁ~と、ロケハンを重ねて、
東北新幹線、東京~新青森674.9kmのなかで、
ようやく、一ヶ所の撮影場所を探し出しました。

しかし、掲載にあたって必要なのは新青森方先頭車の10号車「グランクラス」。
この場所で順光になるのは午前中のみです。
できれば下り列車のほうが、被写体との距離を稼ぐことができて、望ましい。
撮影するのは、午前中の下り列車ということになります。

更に厳しい条件は「はやぶさ」のエンブレムとグランクラスのマークが入った、
「営業車両」が望ましいということ…。
頻繁に試運転が行われていた「量産先行車両」では上記のマークが入っておらず、
取材時点ではわずか1編成の営業車の貴重な試運転を狙う必要がありました。

そして、最後に天気です。雑誌は3月発売なので、雪は望ましくなく、、
背景に残雪はあっても、吹雪のような写真では使用できないという編集部からのお達し。

この冬は久々に冬らしい冬で、北へ向かう新幹線の沿線で雪景色は避けることが難しく、
北国の天候が落ち着くのを見計らって、撮影の計画をねりました。

というわけで、、今回最も苦労したカットがこの↓サイドビュー写真です。

20110303a.jpg

営業車両であること。
午前中に撮影地を通過する下り列車であること。
晴天であること…。
試運転という全く不定期の列車だったのですから、
このサイドビューの写真が晴天の下で撮影できたのは、ある意味、奇跡に近かったのかも知れません。

と、そんなことを今、思っています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

QRコード

QR
プロフィール

komekome231

Author:komekome231
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ひとりごと
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる