スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年振りの台湾へ(其の七)

9月3日の続きです。
この日は僕が台湾を初めて旅した2000年の7月以来幾度も訪問し、
お世話になっている東里駅を訪ねました。
いつも、駅員さん達が温かく迎えてくれるのです。

20130903_12.jpg

5年振りでしたので、駅員さんと記念写真を一枚…。
藩さんも、楊さんも、ご無沙汰しておりました。お元気そうで嬉しかったです。
黄駅長さん、お世話になりました。

20130903_4.jpg

↑こちらは線路付け替えで廃駅になった旧駅舎ですが、今回訪ねて、
このように美しくリホームされて、喫茶店として再利用されていました。
5年前は荒廃した廃屋になっていましたので、感激です。

20130903_13.jpg

↑喫茶店のマスター、林さん。美味しいコーヒーでした。

20130903_6.jpg

↑僕が右も左もわからずに、途中下車した旧東里駅のホームが健在です。
このように、美しく保たれていることに、ただ感無量…。

20130903_5.jpg

↑最初に東里駅で途中下車するきっかけをつくってくれた、
小さな“あずま屋”「静心亭」もそのままです。

20130903_15.jpg

↑ゆっくりと寛いでいると、日が暮れていました。
「代走」の旧型客車が玉里へ向けて走ってゆきました。
「変わらないもの」と「変わってゆくもの」、
この13年間に流れた歳月を思い、様々なことを思った一日でした。
スポンサーサイト

テーマ : ■旅の写真■
ジャンル : 写真

5年振りの台湾へ(其の六)

アップが滞ってしまいましたが、何とか帰国まで頑張ります…

この日(9月3日)から、大好きな花東線の南部に入りました。
沿線には田園地帯がひろがって、まるで日本の故郷山形の風景に似ているのです。

その花東線に旧型客車による普通列車が運転されていましたが、
数年前から冷房付きの客車に置き換わり、見られなくなっていました。

ところが、花東線で区間運転に使用されている旧型のディーゼルカーの不具合で、
大好きな花東線に、これまた大好きな旧型客車が復活するというのです。
これは撮らないわけにはゆきません〜!

20130903_3.jpg

↑ピンチヒッター的に運用に就いた旧型客車による普通列車。
電化工事の電柱を交わすのに苦労しているうちに列車が来てしまいました…
またチャレンジするとしましょう…

20130903_2.jpg

↑朝の風景を旧型ディーゼルカーが走り抜けます。
この車両(DR2700といいます)の一部が不具合の為に客車が復活しましたが、
こちらはこちらで、かなり貴重な車両なのです。

さて、朝の撮影もひと段落の後、片倉さんのオススメで、
玉里近くにある赤科山の山中へ、、
この時期しか見ることができないという「金針花」を見に行きました。

20130903_10.jpg

↑生憎の天候ですが、これはこれでシットリしてイイ感じです。

20130903_11.jpg

↑パノラマ写真も撮ってみました。
この花、ワスレグサ(忘れ草)ともいうらしいですが、食用なのです。
台湾でこの花の入ったスープを食べたことがあります…。

(つづく)

テーマ : ■旅の写真■
ジャンル : 写真

5年振りの台湾へ(其の五)

台湾4日目、9月2日です。
ようやく天候が回復してきました。

前日までご案内いただいた張さんにかわって、
台湾在住作家の片倉佳史さん、カメラマンのSくんが、
『鐵道情報』編集長の古庭維さんの運転するクルマで、
蘇襖の宿に迎えに来てくれる事になりました。

片倉佳史さんといえば、台湾好きの方で知らない人は居ないほどではないでしょうか?
ご縁あって、台湾訪問の時には、お世話になっています。

古さん、片倉さんとも、仕事が忙しいなか撮影に同行してくれることになりました。

20130902_00.jpg

↑まずは蘇花公路の途中から「プユマ」を撮影。陽射しが嬉しい〜!

さて、、片倉さんオススメの氷菓屋さんがあるというので、
南襖駅近くの「建華冰店」で一休み。

20130902_06.jpg

↑このお店の名物は生卵の黄身がのった月見かき氷!
見た目はちょと??ですが、
練乳との合わせ技で、コクが出てなかなか美味でした。
片倉さんの案内がなければ出会えなかった味です。感謝!!

20130902_01.jpg

↑南襖付近で荷物列車が来る時間になりました…。
昔日本にも存在した荷物列車が台湾では細々と活躍中です。

実はこの写真、大幅にトリミングしております。
というのも、↓シャッターを切る位置で思いっきり貨物列車とカブってしまったのでした…
これはこれで面白いのですが、何も貴重な列車で並ばなくても良いのに…orz

20130902_10.jpg

次に向かったのが北廻線随一の撮影地、通称「清水断崖」です。

20130902_05.jpg

↑最初からここに直行すれば良かったのですが、、再び天候が怪しくなり…
しかし、さすがに素晴らしく、エキサイティングな風景です!

20130902_04.jpg

↑ご案内いただいた、古庭維さん。
ご多忙ななか、本当にありがとうございました。多謝!!

20130902_02.jpg

↑花蓮を経て、南の花東線※(台東線)へ。
非電化で風光明媚な路線なのですが、電化工事が急ピッチで進展中。
架線柱がすでに立ち並んでいました。

※花蓮と台東を結ぶ約152kmの路線。
台湾鉄路管理局は時刻表などで「台東線」を使用していますが、
昔から「花東線」の呼び名も親しまれています。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

5年振りの台湾へ(其の四)

台湾3日目、9月1日です。
この日も張さんにお世話になりました。感謝、感謝!!

ただ、残念ながら天気が悪い…台風がなかなか離れてくれません…

しかし、列車は動いているので、こんな時は風景を諦めて、列車中心に撮影です。
本当は花蓮から、花東線(台東線)へ南下する予定でしたが、
列車本数が多い花蓮以北で鉄道写真三昧ということで…

20130901_01.jpg

↑台東まで走る「自強号」ディーゼルカー(DMU)のDR2800形、
9月下旬にこの路線での運用を終えましたので、貴重な記録となりました。

20130901_03.jpg

↑この日も「プユマ」を撮影です。張さんに良い撮影場所をご案内いただきました。

20130901_05.jpg

↑多くの貨物列車が発着する花蓮港へも連れて行って貰いました。

20130901_10.jpg

↑こちらは同じディーゼルカーの「自強号」でも一番上の写真とは違います(DR3000形)。
こうしてみると、花蓮北部に姿を見せる車両たちの実にバリエーション豊かなこと。
撮影していて飽きません。

さて、張さんが夜には台北へ帰る必要があるということで、蘇花公路を蘇襖へ戻ります。

20130901_11.jpg

↑蘇花公路の途中にも撮影地が多くあるのですが、今回は軽くかじるだけ、、
電気機関車E1000形プッシュプルの自強号がやって来ました。

20130901_21.jpg

↑蘇襖で台北へ戻る張さんと別れて、ひとり駅前の旅館に投宿…(写真は蘇襖駅)
部屋の風呂は温泉が出る仕組みで、ぬるい炭酸泉に浸かって休みました。

お世話になった張さん、ありがとうございました。多謝!!

テーマ : ■旅の写真■
ジャンル : 写真

5年振りの台湾へ(其の三)

台湾に到着した夜、張さんに「明日は何処に行きたいですか?」と聞かれ、
「とりあえず花蓮の方面へ」と答えたところ、私の為にクルマを出してくれるとのこと、、
熱い親切心にすっかり甘えてしまいます。

台湾2日目、8月31日は朝から曇天模様ですが、宿泊のホテルまで張さんが迎えにきてくれました。

20130831_20.jpg

↑張さんのクルマに乗り、台北から花蓮へ向かいます。
台北から花蓮へは「雪山隧道」を通るのが最短ルート。
トンネルは2006年に開通していますが、初めて通りました。

蘇襖で昼食後に漁港など見学して後、断崖を行く蘇花公路を南下、
要所ごとに張さんが撮影地を案内してくれ、列車の撮影もしながら花蓮を目指しました。

20130831_03.jpg

↑この写真は貨物列車、台湾の貨物列車はいまだに車掌車が最後尾についていて懐かしい。

20130831_40.jpg

↑今年2月から走り始めた日本製(日本車輛)の特急電車「プユマ」をキャッチ。

20130831_21.jpg

↑花蓮が近づく頃には台風15号の影響で雨が激しくなってきました(泣)

20130831_22.jpg

↑このようなグレートな場所にご案内していただくも、あまりの悪天候で残念、
この日、張さんとの会話は「残念(ざんねんで通じます)」と「NEXT TIME !!」の連発でした。

20130831_23.jpg

↑それでも、日暮れまで頑張って、、
花蓮の宿屋に入った時はすっかり日も暮れていました。
台風は台湾の北に停滞しており、特に台湾北部と南部で災害が発生しているとのこと。



↑実際にこの日の雨の降り方は尋常ではなく、台湾の北部では土砂崩れが発生して、
 危機一髪の画像がニュースで繰り返し流れていました。
 落石が一歩前で止まった白いクルマのドライバーは九死に一生を得たとのことです。

テーマ : ■旅の写真■
ジャンル : 写真

FC2カウンター

QRコード

QR
プロフィール

komekome231

Author:komekome231
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ひとりごと
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。